• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分工業高校 髙村怜央 誰よりも努力してきたから悔いはない

2017/11/09
  • 冬の全国大会予選

 高校3年間、部活動に励み、精一杯の努力を続けた3年生。それぞれの競技で高校最後の晴れ舞台を目指し、県予選を戦った。一つひとつのプレーに歓声がわき、ゲームセットでは悲鳴のような声が響く。ここでは敗者が多数だ。全国大会への切符を手にするまでの道は険しい。負けて涙を流す者、全てを出し切り笑顔を見せる者。そんな3年生の姿を追った。

 

大分工業高校ラグビー部

髙村怜央

ポジション:フッカー

学年:3年

身長・体重:170cm・90kg

出身中学校:戸次中学校

 

 チームが全幅の信頼を寄せるフォワードリーダーだ。ボールへの鋭い嗅覚を持ち、試合が動く場面には必ずといっていいほどその姿を見せる。キャプテンの壹岐拓哉(3年)と共にチームを支えてきた大分工業が誇る名フッカーだ。

 

 小学1年生からラグビーを始めたこともあり技術も統率力も高い。しかし、どこか遠慮がちでリーダーになりきれない部分があった。そこから完全に脱却し、精神的に大きな成長を遂げたのは今年。県高校選抜に選ばれたこと、念願であった国体への出場をかなえたことがきっかけとなった。

 

 強豪チームの選手たちと共に過ごせば否応なく意識は変わる。リーダーとしての自覚が自然と芽生え、チームにおける自分の役割を理解した。フィジーから来日した高校との交流試合では見事なトライを決め、自信がついた。「大分県は舞鶴や東明だけじゃないということを見せられたと思う」。大舞台で培った自信は、やがて揺るぎない決意へと変わる。「俺がチームを花園へ引っ張っていく」。

 

フォワードリーダーとしてチームをまとめた

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ