• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分工業高校 髙村怜央 誰よりも努力してきたから悔いはない

2017/11/09
  • 冬の全国大会予選

 全国高校ラグビー大会県予選大会が始まると“チームですべきこと”を常に考えながら行動した。「点を取るのは当たり前。全員が前へ行けるようにサポートしながら、自分が突破口を開く」。その言葉を体現するように、準々決勝の日田戦では積極的に密集戦に挑み、3トライをあげる活躍を見せた。

 

 そして県高校総体の雪辱を果たすべく臨んだ大分東明との試合。大差で敗北を喫したが、苦しい試合展開の中で確信できたことがあった。「自分たちが3年間やってきたことは間違っていなかった。チームの強みであるフォワードは負けていなかったし、スクラムもよかった」。やり残したことも多いというが、力強く話すその表情から“悔い”の2文字を読み取ることはできなかった。誰よりも努力してきた。だからこそどんな結果であれ悔やむことはないのかもしれない。

 

 退職を控え最後の指揮をとる恩師・安東宏明監督、厳しくも優しい三浦芳弘コーチ、支え合ってきたチームメイト…かけがえのない仲間とどうしても立ちたかった花園の舞台。夢は途絶えたが、3年間で得たものは永遠に色あせることなく彼の人生で輝き続ける。

 

 進学する大学での目標はフィジカルを鍛え、1年生からスタメンになること。その先はトップリーグを目指し、ラグビーと生涯付き合っていきたいという。

 新たな目標を掲げ、髙村怜央のラグビー人生はこれからさらに飛躍していく。

 

準々決勝の日田戦では3トライ

 

(甲斐理恵)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ