ラストバトル〜3年生、最後の戦い〜  18球で終わりを告げた最後の夏 林田夢大(津久見3年)

2021/07/21
  • 新着
  • 高校野球

第103回全国高校野球選手権大分大会

7月18日 別大興産スタジアム

3回戦 

津久見 001 000 000|1

高田  001 001 00×|2

 

 今大会、注目右腕の夏は18球で終わった。第1シード津久見のエース林田夢大(3年)。初戦となった由布戦の登板を回避し、3回戦でも先発オーダーに名前はなかった。「状態が悪く、次の試合まで安静にしたかった」と藤丸崇監督。大会1カ月前の練習試合で腰を痛め、投げ込みもできず、痛み止めを服用しながらの調整で満身創痍(そうい)だった。

 

 昨夏の県独自大会で優勝。先発、抑えとフル稼働し勝利の原動力となり、古豪復活への期待を一身に背負った。33年ぶりの夏の甲子園出場に向けて、新チームになって最初の公式戦で優勝し、春の九州大会にも出場。絶対的エースとして君臨したが、最後のマウンドは本調子とはほど遠かった。

 

 試合は序盤から1点を争う接戦となり、1点を追う八回に「流れを変えたい」と志願しマウンドに上がった。初球は幼い頃から「ずっとこだわっているストレート」と決めていた。球速は138㌔とまずまずだったが、「球が走らず、キレもなかった」と思い描く球筋ではなかった。珍しくフォームを崩してよろける姿やコントロールが定まらなかったのは、腰の痛みで軸がブレていたからだ。それでも「ユウト、気持ちを出せ」との仲間の声に後押しされ、1回を無失点に抑え、逆転に望みをつなげた。

 

痛みをこらえマウンドに立った林田夢大

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ