革命起こせず、初戦で散る 大分上野丘・富松孝介

2018/07/09
  • 甲子園

第100回全国高校野球選手権記念大分大会

7月8日 第1試合 別大興産スタジアム

大分上野丘 100 000 0❘1

大分工業  000 422 ×❘8(7回コールド)

 

 試合が終わり、整列した時にこらえた涙があふれた。気丈に振る舞い、仲間を鼓舞し、緊張する投手の持ち味を引き出そうとリードしたが、無念の7回コールド負け。この瞬間に大分上野丘のキャプテン富松孝介(3年)の高校野球が幕を閉じた。

 

 県内有数の進学校での練習は時間が限られる。「革命を起こそう」と、与えられた環境で「効率よく、成果を出すために何をすべきか」を常に考え、行動し、仲間を引っ張った。冬からは自ら1000本の素振りを課し、帰宅後にバットを振り続けた。その成果は初回に表れた。中前安打で得点機をつくり、先制点につなげた。

 

 しかし、開幕戦の緊張感がチームに充満していた。強肩強打の富松は1年生の頃から試合に出場し、経験もあったが、思うような雰囲気をつくれなかったという。「勝ちたい思いが強すぎた」と勝利を意識し過ぎたことがプレッシャーとなった。この日は捕手として制球の定まらない投手をリードし、3回まで無得点に抑えたが、4回に四死球、失策、判断ミスが重なり4失点し、その後もチグハグな守備が目立ち、失点を重ねた。

 

 憧れの舞台に立つことはできなかったが、大学で野球を続ける兄と同じように、「この先も野球を続けたい」と話した。これから本格的な受験勉強が始まり、大好きな野球ができないのが少し寂しいと球場を後にした。

 

捕手として、キャプテンとしてチームを引っ張った富松

 

(柚野真也)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ