• facebook
  • Twitter
  • LINE

2018県高校総体レポート(自転車競技・女子)注目選手

2018/06/02
  • 高校総体

2018県高校総体レポート〜憧れの舞台を目指して〜

PICKUP PLAYERS FILE

 

県内各地で熱戦が繰り広げられている県高校総体。

高校生アスリートの青春をかけたドラマは、

感動と興奮、歓喜と哀愁を与えてくれる。

今年も才能あふれる選手がそろった県内の高校スポーツ。

ここでは大分の未来を担っていく選手たちを紹介する。

 

得意の登りで追随許さず

 

阿南里奈(別府翔青高校2年)

 

 

 学校行事の競歩大会で優勝した無尽蔵のスタミナを武器に、県高校総体ではロードレースを制した阿南里奈。アップダウンのあるコースを得意とする典型的なロードレーサーは、3月の全国高校選抜大会で7位入賞し、今夏の全国高校総体での躍進が期待される。

 中学までバレーボール部に所属していたが、高校入学を機に自転車の魅力に取りつかれた。「駆け引きが楽しい」と、タイムを競う種目の多いトラック競技より着順を争うロードレースを好む。県高校総体では「ゴール前まで混戦となればスプリント勝負で負けてしまう。得意の登りで引き離そうと思った」と、最終周手前の登り坂で集団から一人飛び出した。「みんなの呼吸が一息つくのが分かった。(勝負は)ここしかないと思った」と一瞬の間を逃さず、一気に後続を引き離して逃げ切った。

 会心の勝利にも「狙い通りのスパートができたが、駆け引きが素直すぎた」と余韻に浸ることなく、勝負感を磨く必要があると話した。

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ