• facebook
  • Twitter
  • LINE

展望 ウインターカップ大分県予選

2017/09/30
  • 冬の全国大会予選

男子・舞鶴、柳ケ浦の2強を日田が追う

 

 全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)の2次予選が今日から始まる。男子は3連覇を目指す第1シードの大分舞鶴が優勝候補筆頭であることは揺ぎない。崩れることのない守備力を誇り、隙がない。初戦は藤蔭、別府溝部学園の勝者が相手となるが、両校ともこの1、2年で選手強化を図り、実力をつけている。大分舞鶴といえども簡単に勝てる相手ではない。それでもキャプテンの山崎蒔志(2年)は「トーナメントであっても、リーグ戦であっても初戦は難しいが、一戦必勝で戦うことに変わりはない」と自信を示す。中学時代に全国大会3位を経験した選手が4人揃う2年生中心のチームだが経験値は高く、慢心はない。

 第2シードの柳ケ浦のキーワードは“3”。3年前にウインターカップに出場して以来、全国大会の出場から遠ざかっている。3年生は「優勝できないまま高校バスケを終わらせたくない」との思いが強く、3年間の集大成として今大会に挑む。勝ちたい気持ちは、どの高校よりも強い。“3年生の底力”を発揮し、“3点シュート”が効率良く決まれば、大分舞鶴の対抗馬となるだろう。

 2強に続く大分上野丘日田も虎視眈々と優勝を狙っている。特に日田は“打倒舞鶴”に並々ならぬ意欲を燃やしている。昨年も一昨年も決勝で大分舞鶴に敗れている。「総体が終わってから舞鶴対策を練ってきた」と三ツ廣荘規監督。オールラウンダーが5人揃う先発陣は、変幻自在な戦術に対応できる。どんな奇襲奇策が飛び出すのか名将の采配にも注目したい。

 3年生が抜けた穴が大きい大分上野丘は苦戦しそうだ。他校に比べ高さがなく、リバウンド争いで劣勢になれば自慢の攻撃力が半減しかねないが、勢いに乗ればその不安も解消されるだろう。

 一発勝負のトーナメント戦。負けたら3年生にとって最後の公式戦となる緊迫感が、盛り上がりを倍増させる。勝負のカギを握るのは3年生の踏ん張りとなりそうだ。

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ