トリニータ 藤本憲明インタビュー「とにかく結果を出すことが大事」

2019/03/15
  • 大分トリニータ

大分トリニータは17日、ホームの昭和電工ドーム大分で横浜Mと対戦する。FW藤本憲明にインタビューした。(大分合同新聞連動企画・新聞は15日付朝刊に掲載)

 

 「FW に求められるのは得点、アシスト、ゴール前の勝ちにつながるようなプレー。とにかく結果を出すことが大事だと思っています」と話す藤本憲明選手。今後ますます厳しくなるであろう対戦相手の「藤本封じ」のプレッシャーに臆することなく「なんとかなる精神」で相手ゴールをこじ開けろ。

 

― J1の舞台に立った時、特別な思いはありましたか?

2万人近くが入り、独特の雰囲気がある鹿島スタジアム。(ウオーミング)アップしていた時、鹿島サポーターからブーイングを受けるなど、これが J 1かなと思いました。でもピッチに立ったら同じ。いつも通り試合に入れました。

 

―磐田戦の勝利は、ルヴァン杯(C大阪戦)での逆転勝利も大きかったですね。

そうですね。先制されましたが、リーグ戦に出ていないメンバーたちの最後まで諦めず粘り強く戦う姿勢を見て、次のリーグ戦(磐田戦)では結果を出さなければ、とモチベーションが上がりました。

 

―今後、チームや藤本選手へのマークも厳しくなるでしょうね。

でも、磐田戦で後藤(優介)選手が得点したように、どこからでもゴールを狙える攻撃の形をつくっていければいいと思っています。

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ