• facebook
  • Twitter
  • LINE

全国高校野球選手権大分大会 準々決勝レビュー 甲子園まで、あとふたつ!!

2017/07/22
  • HEADLINE

4強が出揃い、7月23日に準決勝、25日に決勝を迎える。

憧れの甲子園出場を決める大会は、いよいよ大詰めだ。

ここでは、写真で準々決勝を振り返る。

 

準々決勝 第1試合

東明   000 000 0  0

大分商業 120 100 3× 7

(7回コールド)

 

大分商業高校

第1シードとして4強一番乗りを決めた。強力クリーンアップが売りだが、今大会は2年生エースの古江空知が23回無失点と好投し、投打がかみ合っている。

 

初戦から23回無失点で好投する古江

 

 3安打で上位打線につなげた佐藤(匠)

 

打線の軸となる4番・三代

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ