剣道男子 日本一を狙える戦力が整い、日々精進する明豊

2022/03/08
  • 全国高校選抜

 2016年の創部以来、立ち止まることなく快進撃を続けている明豊高校剣道部。昨年は全国高校総体で3位に入賞するなど、その実力はすでに全国にとどろいている。1月23日に行われた全国高校剣道選抜大会の県予選でも圧倒的強さで優勝し、全国への切符をつかんだ。

 現在、部員は2年生12人、1年生11人。特に2年生には全国でもトップクラスの実力を持つ選手がそろい、どこからでも攻撃できる穴のないチームに仕上がっている。岩本貴光総監督は「今年は日本一になるためにチームをつくった。自分を信じて力を出し切れば必ず勝てる」と断言する。

 

 登録メンバーは岩本総監督が「いずれも甲乙つけがたい実力者」と評する2年生7人。現在は、通常の練習に加え、2カ月ごとにキャプテンを持ち回りで経験させるという新たな試みを行っている。「チームをどうまとめるか考える。指示を聞く立場、指示を出す立場の両方を知る。そういう経験を積み重ねることで人の心が分かるようになる。剣道は心の読み合い。勝つために必要な力を身に付けることができる」と岩本総監督。

 日常生活においても、集中して勉強する、時間を守る、あいさつをするなど、簡単なようで難しい“当たり前のことを当たり前にする”を徹底し、察する力や気づく力を養っているという。その成果は着実に実を結び、技術を超えた部分でチームはさらなる成長を遂げようとしている。

 

質の高い稽古で技術を高める

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ