県高校総体 バスケットボール女子 ようやく手にしたタイトル、明豊が12年ぶりのV

2021/06/11
  • 新着
  • 高校総体

大分県高校総合体育大会

6月6日 佐伯中央病院アリーナ

バスケットボール女子

決勝リーグ

①明豊3勝②中津北2勝1敗③藤蔭1勝2敗、中津東3敗(順位は大会規定による)

明豊92―82藤蔭

明豊108―74中津東

明豊81―75中津北

 

 タイトルから遠ざかっていた明豊が12年ぶりの優勝を決めた。「新人大会以降の経験と自信が結果につながった」。優勝を決めた後、目に涙を浮かべながらも笑顔で語った杉山真裕実監督。選手たちも喜びと達成感に満ちた表情で健闘をたたえ合った。

 

 決勝リーグ最終戦は、互いに2勝同士の中津北との対戦。2月の県高校新人大会では中津北に勝利したが、その後の練習試合では20点差をつけられるなど決して油断のできない相手だった。序盤は一進一退の攻防が続き、第3クオーター(Q)までは明豊のわずかなリードでゲームが進んだ。坂田愛留(3年)がリバウンダーとして力を発揮したことで、他の選手たちも思い切ったシュートを打てた。さらに、中津北のファウルを誘う積極的なオフェンスでフリースローを獲得し、これも着実に決めたことで得点を重ねた。

 

 第3Qで一度逆転される場面もあったが、「これまでは一度崩されると流れを引き戻せなかったが、精神的な成長が今回の勝因」と杉山監督が振り返ったように、冷静に試合を進めた。冬場に取り入れた筋力トレーニングも功を奏し、ルーズボールやリバウンドなどのコンタクトプレーでも劣勢になることはなく、集中力も最後まで切れることがなかった。

 

ゴール下で奮闘した坂田愛留

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ