ハンドボール女子 大分高校 悔し涙で終わった3位 全国高校総体2019

2019/08/14
  • 新着
  • 高校総体

令和元年度全国高校総体体育大会ハンドボール競技

8月8日 女子 準決勝 山鹿市総合体育館

大分 22-26 白梅学園(東京)

 前半13-15

 後半9-11

 

 試合後の涙が本気で日本一を狙っていたことの表れだった。春の全国選抜大会準優勝チームに準決勝で敗れはしたが、十分に価値のある成績だった。それでも涙があふれた。「日本一を狙っていた」とキャプテンの後藤ほたる(3年)。思いが強かっただけに、負けを受け入れるには時間が必要だった。「春よりは自分たちのプレーができたけど、力が足りなかったのかな」と守護神の広田美月(3年)も涙をこらえきれなかった。

 

 全国選抜大会3回戦のリベンジマッチは、試合序盤から主導権を握った。6㍍ラインに沿って4人が並び、2人が前に出る「4-2」のゾーンディフェンスの対策は十分に機能した。フローターの3人がパスを回し、ポジションチェンジを繰り返すことでスペースを確保し、攻撃の形をつくった。清水愛果(3年)は「春は守備重視の戦い方だったが、今回は攻撃面で上回った」と手応えを感じた。得点源の高橋唯(3年)、後藤がゴールネットを揺らした。

 

厳しい守備に対し、果敢に仕掛けた高橋唯

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ