高校生ラガーウーマンに聞く ラグビーの魅力とは!

2018/12/24
  • ラグビーW杯に向けて

 年が明ければ、ラグビーワールドカップの開催年だ。会場となる大分では予選3試合、決勝トーナメント2試合の計5試合があり、ラグビー熱が高まっている。男性のスポーツというイメージが強いが、県内には数こそ少ないが高校生ラガーウーマンがいる。今回は大分上野丘高校ラグビー部に在籍する小野海咲さんと綾部蓉子さんの仲良し1年生にラグビーの魅力を語ってもらった。

 

Q:ラグビーを始めたきっかけは?

小野 父親がラグビースクールのコーチだったので、小さい頃からラグビーは身近な存在でした。小学2年からラグビーを始め、最初の頃はやりたくないと思っていましたが、男子相手にタックルが決まったりすると楽しくなって、練習や試合が楽しみになりました。それからは一度もラグビーを辞めたいと思ったことはないです。

綾部 私は中学までソフトテニスをしていて、高校で続けるかどうか迷っていたときに海咲に「ラグビーの練習を見に行かない?」と誘われました。軽い気持ちで練習を見に行ったのですが、その日に練習に参加させてもらい、練習後の自己紹介をする頃にはもう入部するような雰囲気になっていました。あれ?あれ?と思っていたのですが、なんだか流れで入部しました。

 

Q:勢いで入部したとはいえコンタクトプレーの多いラグビーです。不安はなかったですか?

綾部 新しいスポーツに挑戦したい思いがあったんだと思います。親は反対していましたが、兄が上野丘ラグビー部のOBだったし、試合を何度か見に行っていてカッコイイと思っていました。不安より知らない世界に飛び込むドキドキの方が多かったです。

 

高校からラグビーを始めた綾部蓉子

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ