今月9日にラグビー日本代表戦

2018/06/03
  • ラグビーW杯に向けて

 6月9日に大分銀行ドームでラグビー日本代表がイタリア代表と対戦する。来年のラグビーワールドカップ日本大会に向けた強化の一環で、日本代表の選手たちは7日に県内入りし、8日に大分銀行ドームで事前練習する。

 

 このほど日本代表33人が発表され、前回のワールドカップに出場したリーチ・マイケルや堀江翔太らが選ばれた。県関係の選手では日本文理大学附属高校卒の具智元(グジウォン)がメンバー入りした。

 

 世界ランキングを見ると、日本の11位に対してイタリアは14位だが、世界トップクラスのスクラムを武器とするイタリアは簡単に勝てる相手ではない。ワールドカップベスト8を目指す日本にとって、“現在地”を確認する試合となりそうだ。

 

 当日は試合を盛り上げようと多くのイベントが開催され、日本ラグビーフットボール協会は「特大ピザ付きチケット」を発売。対戦相手のイタリアにちなみ、巨大ピザが会場に登場する。日本代表のユニフォームをイメージしたピザは、赤と白の2パターン。赤ピザは県産トマトやしいたけ、とり天を載せたボリュームたっぷりのピザ。白ピザはかぼすブリをメインに県産の白ねぎをトッピングしている。

 

 また、大分盛り上げプロジェクトとして、県出身力士の嘉風関と県ラグビー大使の今泉清氏(元ラグビー日本代表) がコラボしたものなどビジュアル6パターンを作成。大分駅改札前のストリートビジョンで展開している。チケットの問い合わせは日本ラグビーフットボール協会(電話0570-02-9551)へ。

 

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ