• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分雄城台高校 兒玉芽生 感謝の気持ちで臨み悲願のV 国体では2冠狙う

2017/09/09
  • 国体

 インターハイ陸上女子100m決勝。兒玉芽生(3年)は「やれることはすべてやった。あとは今までの陸上人生で関わったすべての人への感謝の気持ちをもって思い切り走るだけ」と気負いはなかった。レース序盤は横並びだったが、後半に一気に抜け出し、悲願の優勝を果たした。

 

 兒玉は小・中学校と全国で注目される選手だったが、高校では思うような結果を出せずにいた。1年生の時は北九州大会で100m、8位と惨敗。リベンジの年と意気込んだ2年生の夏、インターハイの出場権は手にしたが足の親指を疲労骨折し棄権、悔し涙を飲んだ。その後の、いわて国体では肉離れを起こす。今年は2年分の悔しさをぶつける最後の年だった。

 

 けがをしても決して腐らず、黙々とリハビリに励んだ経験が、兒玉を一回りも二回りも成長させた。それは日々の練習だけではない。兒玉はあるこだわりを持っている。それはグラウンドのごみ拾いだ。自分が走るグラウンドはどこであってもごみを拾う。「ごみを拾うことは運を拾うこと。練習はもちろん、普段の掃除やあいさつなどに誰よりも取り組んだ自信がある。日常生活の態度も含めて陸上の神様はちゃんと見ている」。兒玉は笑顔でそう語った。また、これまで指導してくれた人たちへの感謝の言葉を何度も繰り返していた。陸上を通じて、感謝の気持ちを忘れない人間へと成長した。

インターハイ陸上女子100mで優勝した兒玉

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ