• facebook
  • Twitter
  • LINE

三好ヴァイセアドラー チーム大分として戦う覚悟と誇り

2017/09/08
  • 国体

 国体九州ブロック大会の代表決定戦で熊本に勝利し、本国体への出場を決めたバレーボール成年男子。長年単独チームとして出場している大分三好ヴァイセアドラーだが、“チーム大分”の一員としての思いは強い。選手、監督の両方の立場で出場経験のある小川貴史監督は、「国体はリーグ戦、天皇杯・皇后杯と並ぶ3大大会と位置づけている」と話す。日本人選手のみの参加となる国体は、リーグ戦を前に選手層を高める実戦の場であることはもちろんだが、「大分のチームとして大分県に恩返しできる最高の大会」と監督も選手も捉えている。日本トップリーグのV・プレミアリーグや、その2部リーグにあたるV・チャレンジリーグに所属するチームが単独出場する都道府県はあるが、「ヴァイセアドラーほど強い気持ちで国体に挑むチームはない」(小川監督)。

 

「チーム大分として誇りを持って戦う」と語った小川監督

 

 先月行われた国体九州ブロック大会では、初戦の福岡に敗れ黒星スタートとなったが、小川監督は「まずは3位以内に入って本大会の出場権を獲ればいい」と選手の気持ちを切り替えさせた。5月から新チームとなり、これまで取り組んできたバレーを出し切ることに集中させ、長崎、熊本にストレート勝ちした。今季の得点源と期待される米田亘希が「チームとしての完成度は半分ぐらいだが、やりたいことの土台が見えた」と話したように大きな収穫を得たようだ。

 

 今季、新チームを立ち上げたときの目標は「トータルディフェンスの構築」だった。サーブの段階から特定の場所を狙い打ち、相手のアタッカーの助走幅を奪い、残りの枚数のアタッカーにトスを上げさせブロックの位置をある程度絞り込む「サーブ&ブロック」。また、ブロックはスパイクをシャットアウトするのではなく、常に2枚以上のブロックをキープし、ワンタッチを取ってスパイクの威力を弱めることやアタッカーに打つコースを絞らせディグ(レシーブ)する「ブロック&ディグ」の戦術を取り入れた。この2つの戦術を連動することでサーブ&レシーブの安定につなげた。

 

今季の目標はトータルディフェンスの構築

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ