• facebook
  • Twitter
  • LINE

ヴァイセアドラー 高山伸悟 キャプテンとして支える新世代の闘将

2018/05/23
  • 大分三好ヴァイセアドラー

 大学を卒業して2年目のシーズンは主力としてコートに立ち続け、脚光を浴びるようになった。黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(黒鷲旗、4月30日~5月5日)からキャプテンを任され、不動のミドルブロッカーとしてチームをまとめてきた新世代の“闘将”の素顔に迫る。

 

Q:黒鷲旗が終わり、今シーズンの日程が全て終了しました。2シーズン目の高山選手にとって、どんな成果を挙げられたと感じますか?

A:V・チャレンジリーグで優勝できなかったのは心残りです。強みのオフェンスは十分発揮できましたが、守備の部分でレシーブ力などに課題が残りました。黒鷲旗では、V・プレミア勢と対戦し、キレ、特にスイングや攻撃のスピードが想像していたより速く、苦戦しました。結果、2試合とも勝てませんでしたが、力の差を感じられたことは収穫だったと思っています。

 

Q:黒鷲旗からキャプテンの役割を担いました。これまでとの違いは感じましたか?

A:これまでの競技人生でキャプテンは初めての経験でした。自分の思い通りにしたい部分はありましたが、社会人の大人のチームなのでそれぞれ考えていることが違いますし、一人ひとりの考えを取り入れながら自分が仲立ちしてチームとしてまとめようとしました。それができたかといえば…今後の課題です。

 

Q:10月から始まる新リーグ「Vリーグ」でもキャプテンとしてチームを引っ張りますが、選手として思うことは?

A:新リーグへの不安もありますが、楽しみでもあります。チームの顔となるので、僕自身も進化しないといけない。開幕までにどれだけ自分が変わることができたかを示したいです。V・プレミア勢に比べ高さで劣っていますが、そこで勝負できるように練習から体の使い方を意識したいです。同じ人間だし、日本人なので追いつけない差ではない。自分なりのやり方を見つければ絶対互角に戦える。10月までのプランはあるので、実行するだけです。

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ