• facebook
  • Twitter
  • LINE

バサジィ・バレー 勢いに乗れなかったクラブカップ 決勝トーナメント1回戦敗退

2017/08/17
  • バサジィ大分

消化不良のまま大会を去る

 

 一言で言えば、物足りなさが残る大会となってしまった。クラブ日本一を目指すバサジィ大分の女子バレーボールチームにとって、全日本6人制バレーボールクラブカップ女子選手権(クラブカップ)は、1年の活動で最も重要で、力の入る舞台だった。だが、結果は決勝トーナメント1回戦敗退で、あっけなく大会を去ることとなった。

 

 予選リーグ、決勝トーナメントの2試合を終え、中村貴敏監督は「点を取るバレーを目指しているのに、自分たちのやるべきことがやれなかった」と厳しい表情で語った。高い軌道のセットを上げスパイクを打ち込むオープン攻撃で得点を重ねたかったが、ファーストレシーブが思うように上がらず、連係ミスも目立った。目標を昨年のベスト16を上回るベスト4と設定していただけに、2試合では何も試せなかったというのが本音だろう。

 

 予選リーグは悪い流れの中で苦しみながらも得点を重ねたが、決勝トーナメント1回戦は粘りが足りなかった。エースの伊藤あかねがチームに勢いを与える強烈なスパイクを打ち込み、引っ張られるように山下志保らアタッカー陣も得点を重ねた。ただ、練習試合も公式戦も少ないチームは試合勘を取り戻せず、動きが鈍かったのは事実。リードしているときは目立たなかったが、逆転されるとボールを正面で受けることができず「手だけでボールを追った」(中村監督)。コートの中もベンチからも声が出なくなり、相手の勢いに飲み込まれた。バサジィが狙いとするオープン攻撃は単調になり、高さのある相手のブロックに阻まれ、自分たちのペースを取り戻せず逃げ切られた。

 

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ