• facebook
  • Twitter
  • LINE

トリニータ 13節を終えて首位 その強さの秘訣とは?

2018/05/09
  • 大分トリニータ

 攻守ともに高いパフォーマンスで首位をキープしている大分トリニータ。勢いは簡単に止まりそうにない。強さの秘訣は一体何なのか。快進撃の理由を探った。

 

戦術の浸透がポイント

 

 開幕から13試合を終えて首位。昨季の上位陣、J1降格組がもたつく中、確実に勝利を積み重ね、選手たちも攻守にわたり自信を持ってプレーしている。自分たちがやるべきことをきちんと把握できているという印象だ。

 

 今季のトリニータは、サイドの選手が広がり、ピッチの幅を大きく使う。攻撃に転じれば高い位置を保持し、タッチ数の少ないパス回しで局面を打開して、多くのチャンスを演出する。GKも加わった丁寧なパス回しを軸に大きな展開も織り交ぜながら相手ゴール前では複数の選手がボールに迫るスタイルを、もう一段階攻撃的に進化させたいという思惑が片野坂知宏監督にあったのだろう。両サイドの松本怜と星雄次が良い働きを見せている。ふたりの特徴であるスピードと運動量が新しいスタイルにマッチして、高い位置でボールを受けたときはビッグチャンスになることが多い。

 

 しかし、トリニータのサッカーが大きく変わったという印象はない。むしろ昨季までやってきたサッカーの“良い部分”をしっかり継続できているからこそ、現在の結果が生まれている。すべての時間帯ではないにしろ、サイドを広く設定したり、前線の選手がコンビネーションで相手を崩しているのが分かる。ただし、それは昨季も徹底していた“ダイレクトプレー”と“ポジショニング”という要素があってこそ成り立つもの。今季は、その精度を高めて実践しているというわけだ。

 

今季加入の星雄次は見事にチームにフィットした

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ