• facebook
  • Twitter
  • LINE

県高校新人戦バレーボール大会 別府鶴見丘、東龍が貫禄勝ち

2018/01/23
  • HEADLINE

 3年生が抜けて新チームで競われる県高校新人大会が21日まで行われた。年始の全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)に出場した男子の別府鶴見丘高校、女子の東九州龍谷高校は、新チームになって2週間ほど。コンディションもコンビネーションも調整できないまま、ぶっつけ本番で試合に臨んだが、両校とも危なげなく優勝を果たした。

 

好機を逃さなかった別府鶴見丘

 

 3年生が抜けた穴は大きかったが、別府鶴見丘は層の厚さを見せつけた。大分工業高校、大分南高校との三つどもえの争いを抜け出し、一強時代を予感させる強さが今の別府鶴見丘にはある。大分南とは準決勝で、大分工業とは決勝で対戦したが両試合とも2−0のストレートで快勝した。全国の強豪と戦うことで、好機を逃さない勝負強さが増した。

 

 2試合とも序盤はリードを許す展開だったが、1年生が躍動した。中学時代から全国の舞台を経験し地力もあったが、インターハイに続き春高バレーで新たな刺激を受けたことで、才能が開花した。サウスポーの清田晟ノ祐はエースとしての自覚が芽生え、白井太陽、平嶋麟太朗らスパイカー陣も続く。互いにプレーを高め合える関係にあり、自らが勝負を決めようとする気概もある。爆発的な攻撃力を見せつけられた大分工業の江崎裕之監督は「力の差は歴然だった」と完敗を認めた。

 

高校バレーの晴れ舞台に立ち自信を深めた別府鶴見丘の1年生たち

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ