• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分豊府高校フェンシング部 自主性を重んじ、成功体験につなげる

2018/01/18
  • クラブ・部活訪問

 県高校新人大会の団体戦でエペ、フルーレ、サーブルの3種目制覇を達成した大分豊府高校フェンシング部男子は、選手一人一人の自主性を重んじた練習を徹底している。中高一貫校のため、中学生にとっては高校生の高いレベルを間近で感じられ、高校生にとっては先輩としての自覚を持ちながらチーム力と個々の力を鍛えられる恵まれた環境にある。

 

 「フェンシングはプロのないスポーツ。その分、フェンシングを通して、人としての幅を広げてほしい」と、中村修監督は話す。個々で目標を立て、その目標に向かってどう努力するかを考えさせるという。これはフェンシングの技術向上はもちろんだが、学校が掲げる“文武両立”にも通じる。勉強もスポーツも、どちらもトップクラスを狙ってほしいという思いから、監督が課題を与えるのではなく、自分たちで考え、工夫し、努力することで、良い結果を出せば、自信につながる。この好循環で、全員が着実に力をつけている。 「私は生徒が掲げた目標を叶えるための指導をするだけ。自分たちの部活は自分たちでつくるという意識を持って欲しい」(中村監督)

 

それぞれが目標を立て努力する

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ