• facebook
  • Twitter
  • LINE

柳ケ浦高校男子柔道部 実力者揃う2年生が引っぱり、全国大会で上位を目指す

2017/12/25
  • クラブ・部活訪問

 クラブチームや大学、高校、またユースからジュニアに至るまで、さまざまなクラブ、部活にオー!エス!編集部がお邪魔する「クラブ・部活訪問」。第5回の訪問先は今夏のインターハイ団体戦で5位入賞、11月の九州高校新人大会団体戦では3位、個人戦でも各階級で上位に入った柳ケ浦高校男子柔道部だ。その躍進の秘密は?

 

 個人戦全階級制覇、団体戦は全試合無失点を目指す―。すべてが思惑通りにいったわけではないが、柔道の県高校新人大会では個人戦では3階級で優勝し、団体戦では失点は許したが危なげなく優勝を勝ち取った。

 

 今年の柳ケ浦は強い。今夏のインターハイ団体で5位に入賞したメンバーが3人残り、1年間のリハビリを乗り越えて完全復帰した実力者の服部竜也ら2年生にタレントが揃う。九州高校新人大会の団体戦では優勝した大牟田(福岡県)に敗れ3位となったが、個人戦では81kg級で山口良太が優勝、90kg級で服部が準優勝、110kg越級で平山隆博が3位となった。

 

新チームは実力者が揃う

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ