• facebook
  • Twitter
  • LINE

日本文理大学附属高校 選手は小柄でも組織力は大きい

2018/05/11
  • 高校総体

キャプテンに聞く!

 

彦久保寿紀 スクラムハーフ/3年

2001年1月2日、172cm・64km、稙田西中学校出身

 

 

Q:今年はどんなチームですか?

A:昨年の先輩たちはパワーがあってガツガツ行けたが、今年のメンバーは小柄。テンポよくボールを回し、走り勝つような試合展開を目指している。

 

Q:現在のチーム状況はいかがですか?

A:まだ一人ひとりが自分のことで精一杯だし、消極的。県高校総体、そして花園予選(全国高校大会県予選)に向けてチーム力を上げていくためにも、コミュニケーション力を付けたいと思う。

 

Q:キャプテンとしてどのようにチームを引っ張っていきますか?

A:練習中も試合中も声を出している。その声に対して返事をすることを徹底している。自分を中心に、リーダー陣にも「こうしよう」「ああしよう」と提案している。

 

Q:県高校総体への意気込みを聞かせてください。

A:ベスト4に入ること。先輩たちがそうだったので、そこは絶対にキープしたい。

 

(冨松智陽)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ