• facebook
  • Twitter
  • LINE

ヴェルスパ 育成のプロフェッショナルを迎え新たな船出

2018/03/10
  • ヴェルスパ大分

 JFL7年目(HOYO大分時代を含む)の今季は須藤茂光監督を招聘(しょうへい)し、新たな船出となる。須藤監督といえば、現役時代は日本代表に選出され、引退後は日本サッカー協会の育成部門やU-16日本代表などで指導した経歴を持つ。今オフは例年に比べ選手の入れ替わりは少なく、ピンポイントの補強と“育成のプロフェッショナル”によるチームの底上げで上位を目指す。

 

 大きな戦力アップはないが指揮官に悲壮感はない。須藤監督は「個人のレベルが上がれば自然とチームのレベルは上がる。戦術うんぬんではなく、普段の練習の一つひとつのプレーにこだわりたい」と現有戦力を鍛え直し、成長していけばいいと語った。特別な練習をするわけでもなく、特異な戦術を持ち込むわけでもない。追求するサッカーは、自分たちがボールを保持して試合の主導権を握る現代サッカーのオーソドックスなスタイルだ。

 

 練習ではパス練習を強化した。動きながらパスをつなぐため運動量が自然と増えた。止める、蹴るをはじめとした基礎技術をコツコツと積み上げている。パスの強度が弱ければ練習を止めて高い意識を要求し、正確性に欠ければ檄を飛ばす。「日頃の練習から意識しなければ試合では通用しない。正確なパスが出ればスピードも上がる。全ては積み重ね」(須藤監督)と妥協は許さない。

 

選手のサッカーに取り組む姿勢に手応えを感じている須藤監督

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ