• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分工業高校 新人戦は5階級で優勝。技術重視のスタイルで九州大会に挑む

2017/11/16
  • HEADLINE

 県高校ボクシング新人大会では5階級で優勝し、来年1月の九州大会に挑む大分工業高校。キャプテンの西畑成陽(2年)は、「まずは自分自身が最高のコンディションで挑み、優勝を狙いたい。そして、全国選抜、インターハイにつながる試合をしたい」と意気込みを語った。

 

 大分工業ボクシング部は1年生6人(うちマネージャー1人)、2年生11人(同2人)が所属し、毎日2時間の練習で汗を流す。少々の技術差は圧倒的なパワーで粉砕するという考えが主流の中、大分工業の特徴は“技術重視”。池端敬介監督は「技術がついて体力、精神力は後でついてくるもの。プロではなく高校生のスポーツである以上、打たせないことが第一」と考える。平日の練習は室内でミット打ちやシャドーなど技術向上のメニュー、実践的なトレーニングが多く、土日のロードワークなどで体力強化を図る。

 

 大人数の部活動では不可能な、きめ細かい技術指導を心掛け、1人1人の特性を生かした強化に努める。「まずは説明して、自分の頭で考えさせ、そこから反復練習を行い、条件付きのメニューを増やす」と池端監督。現在所属する部員は高校入学と同時にボクシングを始めた選手ばかりで、他の部から転身した選手や女子選手もいる。「監督は優しく、分かりやすく指導してくれる」とはただ1人の女子選手の安藤胡桃(1年)。

 

 池端監督は「謙虚で素直な子が多い。基本は人間形成。文武両道を目指し、努力を怠ることなく頑張らせたい」と温かい目でリングを見詰める。6月の県高校総体で3年生が引退し、2年生を中心に練習の意識が変わった。西畑は「新人戦では8階級で5人優勝し追われる立場になる。県高校総体では悔しい思いをしたので、全階級で優勝を目指したい」と強い気持ちで部員を引っ張る。

 

練習は技術向上のメニューが多い

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ