• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分トヨペットカップ第30回TOS豊の国ママさんバレーボールチャンピオン大会 大分城南クラブが2連覇達成!

2017/11/12
  • 新着
  • HEADLINE

 大分トヨペットカップ第30回TOS豊の国ママさんバレーボールチャンピオン大会が、5日に杵築市文化体育館と杵築B&G海洋センター体育館の両会場で行われた。前回優勝チームを含めた4チームがシードとなり、19チームがトーナメントで争い、大分城南クラブが2連覇を達成した。

 

 開会式では、特別協賛の大分トヨペットの早崎英雄常務取締役が「みなさんのバレーボールに対する熱意やエネルギーで地域の活性はもちろん、大分県をより一層盛り上げていただきたい」と挨拶。同社マスコットキャラクターのスマッピーも登場し、会場を盛り上げた。大分県ママさんバレーボールのNo.1を決めるこの大会は、今年も元気いっぱいでハツラツとしたプレーが多く見られた。

 

 試合は2会場全4コートで行われ、1回戦からパワフルでレベルの高い試合が繰り広げられた。各コートに選手の元気な声が響き、会場中が熱気に包まれた。得点が決まるたびに笑顔があふれ、歓声が沸き上がった。

 

 決勝戦は前回優勝の大分城南クラブと、今年度九州ママさんバレーボール1部優勝のひよしふれんずの対戦。第1セットは21-17でひよしふれんずが先取。第2セットでは19-21で大分城南クラブが取り返し、勝負は第3セットに持ち越された。両チームとも譲らない白熱した試合は、第3セットを18-21で大分城南クラブが制し、見事2連覇を達成した。全セット僅差の勝負となり、決勝戦にふさわしい試合となった。

 

決勝戦は全セット僅差となった

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ