フェンシング女子 攻撃的姿勢を貫き、全国への切符をつかんだ別府翔青

2022/02/05
  • 全国高校選抜

 九州高校新人大会では1回戦で福岡魁誠に快勝すると、準決勝もその勢いのまま勝ち上がった。決勝では強豪・鹿児島に惜敗したが、安東は「自信になったし、自分たちがどれだけのレベルか分かった」と手応えを口にした。

 

 3月の全国高校選抜大会までに猪俣が復帰すれば戦力は充実し、目標のベスト8が射程圏内となる。佐藤監督は「プラスアルファをせずに、やれることを固める。九州大会のときのように、できることを徹底する」と話した。ブレずにこれまでの戦い方を追求し、全国大会に臨む。

 

全国大会ではベスト8が目標となる

 

 

(柚野真也)

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ