エディー・ジョーンズ前日本代表ヘッドコーチインタビュー 「自分で主張し、成長してほしい」

2018/07/25
  • ラグビーW杯に向けて

Q:改めて感じる日本代表の長所、短所を教えてください。

A:日本人の長所は持久力。それも体力的な持久力ではなく、タスク(課された仕事)を与えてやり続け、集中して一生懸命にするところ。それは他の国にない長所です。逆に欠けているのは主張の部分。最初はコーチ陣が主導しなければいけないが、自分たちから自主的にできるようになるのが次のステップだと感じます。

 

Q:今の日本代表の印象は?

A:上達しています。ジョセフHCの下で変化している。15年のW杯が終わって代表選手は年齢的に(次のW杯に出場するには)厳しい選手、気持ちが切れてしまった選手などいましたが、何人かの核となる選手をチームに残して新しい選手を入れることでチームを活性化しました。19年に向けて勝ちたいという気持ちが出ています。

 

Q:その中で大分にゆかりのある選手としてプロップの具智元(グジウォン)選手(日本文理大附高出身)がいます。彼の印象は?

A:実は15年の合宿の時に何度か参加したことがあります。強度を持ってプレーができ、やる気もあるしラグビーに対する態度もいい。ジョセフHCの下でスクラムを組むのがうまくなっています。

 

Q:イングランド代表について、手応えは?

A:停滞した時期が続きました。その時期は疲れてけが人がいてコンディションが落ちていました。これからW杯に向けてピークを持っていきたいです。

 

Q:W杯の成功は、大会後にどれだけのレガシーを残せるかにあると思います。日本にとって最高のレガシーは、どんな形なのでしょうか?

A:15年イングランド大会でラグビー協会がやったことは、W杯の収益を使って若い子が練習するための人工芝のグラウンドを100造りました。日本ラグビー協会は若い人たちのために、そのようなレガシーを残して欲しい。コーチに投資するのか、施設に投資するのか。そのどちらかを。それがラグビーの発展につながるはずです。

 

Q:では、最後に大分のファンに向かってメッセージをお願いします。

A:エキサイティングな時期を迎えます。大分は街が美しく、食べ物もおいしい。みなさんに素晴らしいラグビーを披露したいので、イングランドのユニフォームを着て準々決勝を応援しに来てください!

 

日本のラグビーは成長し続けていると語った

 

(柚野真也)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ