• facebook
  • Twitter
  • LINE

地域のラグビー力を高めよ 永友洋司氏(日本代表強化副委員長/キヤノンイーグルズGM)

2017/09/18
  • ラグビーW杯に向けて

インタビュー

 

永友洋司氏(日本代表強化副委員長/キヤノンイーグルズGM)

 

2019年ラグビーワールドカップ日本大会まで2年余り。ラグビー熱が高まりつつある大分県では、24日にラグビートップリーグ第5節のキヤノンイーグルズとヤマハ発動機ジュビロの試合が大分銀行ドームである。現役時代は日本代表スクラムハーフとして8キャップを獲得し、現在は日本代表の強化副委員長であり、キヤノンのGMでもある永友洋司氏。これからラグビーが盛り上がるためには「ラグビーを知り、ラグビーを楽しむこと」が重要だと語った。

 

 

Q:現在のジャパン(ラグビー日本代表)の評価は?

A:2019年のワールドカップまで2年。11月からテストマッチが続きますが、そろそろ本番を見据えたメンバー選考が始まります。2015年のエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)の時のジャパン(日本代表)と全く違うタイプのチームに生まれ変わるでしょう。現HCのジェイミー・ジョセフのカラーが出て楽しみなチームになると思っています。

 

Q:ファンは前回ワールドカップより、良い成績を望んでいます。手応えはいかがですか?

A:もちろん皆さんの期待は感じています。前回ワールドカップ以上の成績、決勝トーナメント進出がジャパンとしての目標なので、いい状態の選手を送り込むことがトップリーグ各チームの使命となります。また、2019年ワールドカップ成功のために、各地で開催される試合にお客さんが足を運んでもらえるような努力が引き続き必要だと思います。

 

Q:テストマッチは、どのくらいの試合数をこなすのですか?

A:年間6〜8試合です。その数が多いか少ないかということよりも、強豪国とどれだけマッチメイクできるかが大事です。幸い2019年ワールドカップの開催国なので、いろんな国が日本という国がどのような気候、文化などの特性があるのか知りたがっています。なので比較的テストマッチの対戦相手には恵まれる立場にいます。期待してください。

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ