夏の甲子園予選特集 二枚看板を中心に、勝者のメンタリティで優勝を狙う柳ケ浦

2018/07/06
  • 甲子園

戦力分析

 

攻撃力:B

守備力:B

機動力:A

投手力:A

選手層:C

(A〜Eの5段階評価)

 

 「ほとんどの選手が走れる」と定岡監督が話すように機動力で相手を揺さぶり、ホームランの少ない打線をカバーする。攻撃の中心は4番の高木飛我(3年)。「長打は少ないが修正力が高く、試合の状況に応じたバッティングができる」と指揮官が信頼する選手だ。

 投手力は2枚看板の他に右横投げの榎本光(3年)や安部真央(3年)などが控える。シード校の中でも投手陣は充実しているだけに、失策を極力減らし、ピッチングに集中させたい。

 選手層はレギュラー陣と控えの差があるため、負傷者、不調者が出るとメンバーのやりくりが難しく、指揮官の手腕が問われそうだ。

  

【過去1年間の主要大会の実績】

第99回全国選手権大分大会 ベスト4

第132回県選手権 優勝

第141回九州予選 3回戦敗退

第142回九州予選 2回戦敗退

第133回県選手権 1回戦敗退

 

(柚野真也)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ