• facebook
  • Twitter
  • LINE

別府翔青高校 いざ、二連覇へ。王者のプライドを胸に最愛の仲間と挑む夏

2017/07/27
  • 高校総体

 昨年のインターハイで、2年生チームながらに前回覇者の大垣南高校(岐阜)を倒し、悲願の初優勝を飾った別府翔青高校男子フェンシング部。ジュニアの頃から共に歩んできた上野優斗、瓜生陽、石井魁に、高校からフェンシングをはじめた梶原三厳を加え、抜群のチームワークで全国制覇を果たした。

 

 快挙は自信となり、チームに大きな変化をもたらした。王者を追う立場から、追われる立場になったことで渡部達郎監督はチームスタイルを変えることを決意した。「今年1年でガラリと変えた。去年と同じことをしてもトップは獲れない」と、これまでのスピードを活かした形に、テクニカルな動きをプラスした。練習からフィジカルトレーニングにも時間を割き、体幹から鍛え上げた。映像を使った研究、分析にも力を入れ、今年3月の全国高校選抜大会で優勝した。

 

 日頃から部員たちとのコミュニケーションを大切にし、個々の選手に合わせてアドバイスする渡部監督。試合で自分が送るどんな言葉にも対応できるよう、選手たちの引き出しを増やしている。

 

 チームが目指すのは「連覇」のみ。チャンピオンしか掲げられない目標だと士気は高い。成し遂げるための準備は万全だ。

 

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ