• facebook
  • Twitter
  • LINE

別府翔青高校 上野優斗・優佳 激闘の末につかんだ逆転の兄妹V 共にさらなる高みへ

2017/09/04
  • 国体

 先月の全国高校総体(南東北インターハイ)で団体2連覇に輝いた別府翔青フェンシング部。個人フルーレで兄妹チャンピオンが誕生した。団体男子チームの絶対的エースであり、これまでに多くの大会で好成績を収めてきた上野優斗(3年)と、その妹の優佳(1年)。共に決勝の舞台まで順調に勝ち上がり、ラストは劣勢をはね返す大逆転で劇的な勝利を収めた。同種目での兄妹優勝は大会史上初めての快挙となった。

 

 男女同時にスタートした決勝戦で先に勝負を決めたのは優佳。「苦しい戦いになったが、悔いは残したくない。最後まで攻める気持ちを忘れずに戦ってよかった」と試合を振り返る。ラストゲームの相手は、高校フェンシング界で無類の強さを誇る和歌山北3年の東晟良(あずませら)。1年生ながら全国トップクラスの実力を誇る優佳でさえ、これまでに一度も勝ったことのない相手だ。しかし、必ず超えなければならない壁でもあった。

 

個人フルーレで全国の頂点に輝いた上野兄妹

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ