大分東明高校 男女ともに過去最高の成績を狙う

2017/12/09
  • 冬の全国大会予選

 全国大会を迎えるにあたって男子は3年生の三代和弥が復帰したことが大きい。1年時の全国大会ではアンカーの大役を担ったが、その後はけがで離脱することが多く、力を発揮できずにいた。しかし、高校最後のチャンスに復調。「最後のピースが埋まりそうだ」と井上監督の信頼を取り戻した。1区は成長著しい1年生の遠入剛、2区から6区は昨年の全国大会出場メンバーが固め、最後の一枠に三代が入る可能性が高そうだ。キャプテンの木付琳(3年)は「誰が出ても最高の走りができるメンバーが揃っている。一丸となってタスキをつなぎたい」と自信を示した。

 

 女子はエースのマータ・モカヤ(2年)を中心に有田菜々美、磯部涼美ら1年生が台頭している。昨年の全国大会は25位だったが、新チームとなってからは好調の男子に引っ張られ、一人ひとりが力をつけ結果を出している。宮城亜支亜(3年)は、「調子は上がっている。3年間の集大成としてチームを引っ張りたい」と本番が待ち遠しそうだ。

 

 「周囲の期待は感じているが、選手はプレッシャーを感じずいつも通りの走りをしてほしい。あとはいかにベストのコンディションで選手を走らせてあげられるか。そこは自分の役割だし、役者は揃った」と井上監督。初優勝へ、手応えを感じている。

 

目指すは日本一

 

(柚野真也)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ