• facebook
  • Twitter
  • LINE

全国高等学校サッカー選手権大会 決勝戦レポート 大分西が底力を発揮し初の栄冠!

2017/11/13
  • 新着
  • 冬の全国大会予選

大分西3−1鶴崎工業 

(前半0−0)

(後半3−1)

得点者:幸航平(大分西)、植木祥太郎(鶴崎工業)、加藤健多郎(大分西)、渋谷駿介(大分西)

 

 高校サッカー界最大のタイトルである全国高等学校サッカー選手権大会の出場権を懸けた戦いが12日、大分銀行ドームで行われた。初出場を目指す大分西高校と36年ぶりの出場を目指す鶴崎工業高校の一戦は、大分西が悲願の優勝を遂げた。

 

 立ち上がりは、大分西がパスワークをベースとした攻撃で前評判通りの強さを見せて押し込む。だが、鶴崎工業の4バックの後ろにさらに1枚のDFを残す“守備的システム”を崩すのは容易ではなかった。徹底したマンマークにも苦しみ前半はシュート1本で終えたが、「前半の0−0は想定内。焦れずに攻撃することを心掛けた」とキャプテンの宮崎優成(3年)。

 

 後半も攻撃の手を緩めなかった大分西は48分に、クロスから幸航平(3年)が頭で合わせ待望の先制点を奪う。一気に大分西に流れが傾くかと思われたが、鶴崎工業は失点直後に攻撃の切り札・植木祥太郎(3年)を投入する。高い位置でプレスをかけて相手のミスを誘い、59分にPKを決め試合を振り出しに戻す。「相手の足が止まりはじめ一気に勝負をつけたかった」と、鶴崎工業の松田雄一監督は攻撃のカードを次々と切った。今大会ノーシードから勝ち上がったチームは守備的な戦術がクローズアップされてきたが、決勝ではカウンターから決定機をつくった。しかし、そのチャンスはゴールポストやバーに弾かれる不運もあり実らなかった。

 

先制点を決めた大分西の幸(9番)

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ