• facebook
  • Twitter
  • LINE

全国高校ラグビー県予選大会 決勝戦前 キャプテンに聞く!

2017/11/10
  • 冬の全国大会予選

全てを出し切り、新たな歴史をつくる

 

大分東明

キャプテン 長野剛吉(3年、センター)

 

 

Q:今大会の調子は?

A:自分たちの持ち味である展開の速いラグビーができていると思います。徐々にコンディションも上がっているし、フォワードとバックスの連係もかみ合っているので、いい状態で試合を迎えられそうです。

 

Q:準決勝の大分工業高校戦を振り返って、反省点は?

A:前半の試合の入り方は良かったのですが、後半はトライを決め切れないところがありました。そこはフィットネスを向上させることはもちろんですが、気持ちの部分、集中力の部分が大きいので一週間で修正できます。

 

Q:逆に良かったところは?

A:相手の攻撃を0点に抑えたところ。フォワードがしっかり相手を止めて、キックで地域を挽回し、相手の陣地で試合ができたのは理想の展開でした。

 

Q:決勝戦は昨年と同じ大分舞鶴が相手となります。大分舞鶴の印象は?

A:フォワード重視のチーム。しっかり受け止めてバックス勝負となれば、うちにもチャンスがある。アタックに関して僕たちは自信を持っているし、負けるはずがないと思っています。チームの雰囲気もいいし、最高の状態で試合に臨めると思っています。

 

Q:決勝への意気込みを聞かせてください。

A:舞鶴に対して全く苦手意識はない。何十年も花園に出ている相手だからこそ倒し甲斐がある。僕らが歴史を変えてやろうとの思いが強い。全てを出し切れば倒せない相手ではない。しっかり自分たちのラグビーを展開したいです。

 

(柚野真也)

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ