トリニータ 福森直也 縦と横で大きく揺さぶり、得点機会を生み出す

2019/03/16
  • 新着
  • 大分トリニータ

 開幕からリーグ戦3試合、YBCルヴァンカップ2試合を終えた。主力と控えを区別するほど先発組のプレーが突出しているわけではないが、主力としてリーグ戦3試合に先発出場しているDF福森直也は、要所で光るパフォーマンスを披露しながらも浮かれた様子は微塵もない。

 

 大卒5年目のレフティーは、最終ラインの左に定着して4年目を迎える。今やすっかりチームに欠かせない存在となったが、常に危機感を抱いている。今季の目標として「全試合出場」とともに「攻撃力の強化」を掲げる福森にとって、リーグ2節の終盤にルーキーのDF高畑奎汰と交代してベンチに下がったことは少なからずショックだった。1点リードされた展開で片野坂知宏監督は高畑に反撃を託す。福森は「僕では攻撃が物足りないということ」と交代の意図を読み取った。

 

 リーグ3節の磐田戦では前節の課題を修正した。なかでも目を引いたのが攻撃参加の回数だ。「サイドで数的有利をつくるためにオーバーラップを意識的に増やした」。大分の特徴であるサイド攻撃は、「右サイドから崩すことが多い。(自分がいる)左サイドも攻撃力があることを示したかった」と福森。もちろんDFとして最も重要な守備を疎かにすることなく、この試合は90分間守備の集中力を切らさずに、攻撃の姿勢を保ち続けた。

 

今季は攻撃参加の回数が増えた福森直也

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ