• facebook
  • Twitter
  • LINE

トリニータ 開幕3試合を終えての収穫と課題

2018/03/14
  • 大分トリニータ

 開幕から3試合を終え、1勝1分1敗で9位。もちろんこの時期に順位を意識する必要はないが、今季初黒星となった3節岡山戦はミスが多く、意図した攻撃がなかなか表現できず、残念な試合内容と結果になった。

 

 とりわけ前半のトリニータは、岡山のプレッシャーの前に効果的なパス回しが発揮できず、開幕戦で見せたような怒とうの攻撃は鳴りを潜めた。原因はディフェンスラインが下がり気味となったことで、全体が間延びし、中盤が前線に絡めなかったこと。片野坂知宏監督は「パスの質が悪く、判断も良くなかった」と言う。岡山がトリニータのストロングポイントを徹底して封じたことも大きい。

 

 しかし、1点差で迎えた後半、どこで数的優位をつくり、攻撃できるのかを整理したことで、ボールを保持する時間は長くなった。松本怜のスピードに乗った突破や、丸谷拓也、宮阪政樹、星雄次の連係によるサイドの崩しなどで相手を押し込んだ。さらに途中からピッチに入った川西翔太や岸田翔平らがペナルティエリアまで侵入しチャンスをつくった。

 

今年はチームの継続性だけでなく、選手個々の意識が高い

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ