• facebook
  • Twitter
  • LINE

トリニータ 開幕直前、主力3選手が意気込みを語る

2018/02/24
  • 大分トリニータ

 2月25日、いよいよJ2リーグが開幕する。今季は「勝点70、J1プレーオフ出場となる6位以内」が目標となる。片野坂知宏監督がチームを率いて3年目、これまで積み上げてきたベースに、新たな戦力が加わった。開幕を目前に控え、キープレーヤーに心境を聞いた。

 

DF竹内彬

 

 今季キャプテンとなったプロ13年目の竹内彬。派手さはないが安定感のあるプレーで最終ラインをまとめるリーダーは、対人に強く、ハードワークを武器とする。

 

 チームの状態はいい。けが人が少なく、みんないい準備ができています。昨年と比べて戦術が大きく変わったところはないし、しっかりとしたベースがあるので今年はさらに上積みをしたいです。新加入の選手は日に日に大分のサッカーに慣れつつあり、これまでいた選手はポジショニングやパスのタイミングなど、さらに細かな部分を突き詰めています。

 開幕がピークではなく、連携面などを含めてレベルアップしていければいいと思います。目標はJ1昇格ですが、目の前の試合に集中して42試合を終えたときに結果が出ていればいい。J2のレベルは年々上がっているし、今年は厳しい戦いになると思います。開幕戦は特別な意識はないですが結果にこだわりたい。勝てばホーム開幕で連勝を狙えるので。いいスタートを切るためにも開幕ダッシュで勢いをつけたいです。

 

 「開幕は結果にこだわる」と竹内彬(左)

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ