• facebook
  • Twitter
  • LINE

トリニータ シーズン総括 目標は早々と達成。シーズンを通して成長し、スタイルを築いた

2017/11/23
  • 大分トリニータ

 J1昇格プレーオフは逃したが、当初の目標であった勝点45を早々とクリアし、J2残留を決めた大分トリニータ。開幕前の評判は決して高くなかったが、大方の予想を裏切った。開幕白星スタートし、その後は勝ち負けを繰り返したが、最後まで負け数が先行することはなかった。連敗が1度だけで42試合の長丁場のリーグ戦を戦い抜いたのは上出来だ。

 

 振り返れば今季はトライ&エラーを繰り返し、勝点を積み上げてきた。「昨季以上に“ボールを握る”ためにシステムを3バックに変更した」と片野坂知宏監督。指揮官の言うボールを握るとは、ボールを保持することを指す。GKからボールをつなぐパスサッカーは大分の代名詞となった。ボランチの川西翔太、鈴木惇の補強したメンバーがいち早く攻撃に落とし込み、攻撃はバージョンアップした。

 

 彼らは最終ラインからボールを引き出し、サイドを絡めた幅の広い攻撃を演出した。自分たちのスタイルを磨くなかで、リーグ序盤戦はチャンス自体が少なかった。パスサッカーを掲げたが、相手のプレッシャーが強ければクリアに逃げる場面が多く、かたや守備が機能してもワンチャンスで決められてしまった。それでもボールを速く動かす取り組みも引き続き重ねた。日々の鍛錬は裏切らない。リーグ中盤を過ぎた頃には決定機は上位チームに引けを取らないほど増えた。

 

今季もブレずに大分のサッカーを成熟させた

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ