• facebook
  • Twitter
  • LINE

トリニータ 大学経由でトップ昇格を果たした國分伸太郎

2017/10/14
  • 大分トリニータ

目に見える結果を残したい

 

 大分トリニータUー18出身の國分伸太郎は、立命館大学に進学し、今季からトップチームの一員として大分に戻ってきた。アカデミー出身初の“大学経由トップ昇格”である。「自分がプロでどれだけやれるか分からない状況でのスタートだったが、チームの始動から調子は良かった」と本人が明かすように、好調さをアピールし4節徳島戦でプロデビュー。その後も交代出場ではあったが出場数を増やし、15節町田戦では先発出場を果たした。ここまでリーグ戦13試合出場は大学ルーキーとしては立派な数字だ。國分は「こればかりは運。自分の調子とチームの状態がかみ合ったから」と謙遜するが、いつ試合に出ても最高のパフォーマンスができるように準備していたからこその結果である。

 

 アカデミー出身者で國分の1つ上の学年には後藤優介、為田大貴(千葉)、2つ下の学年では坂井大将(ベルギー2部AFCテュビズ)、姫野宥弥、佐藤昂洋がトップに昇格した。大学進学を選択した國分は、「大学ではボランチを経験し、ビルドアップやつなぎの部分は今のトリニータのサッカーで通用する部分がある。大学は遠回りじゃなかった」と自身の成長を語る。プロになってからは、若いチームのなかでは大卒新人とはいえ中堅。「即戦力となることを考えていた」と1年目の甘えはなかった。

 

 リーグ戦は残り6試合。トップ下やサイドハーフなど前線のポジションに配置されることの多い國分には、チャンスメイクや得点が期待されている。「目に見える結果を残したい」と活躍を誓った。

 

残り6試合で見える形での結果を目指す

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ