• facebook
  • Twitter
  • LINE

OFAリーグ開幕 インターハイ、選手権を目指し力試し

2018/04/10
  • HEADLINE

 大分の高校サッカー選手たちが三つのカテゴリーに分かれ、熱戦を繰り広げる「高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2018 OFAリーグ」(OFAリーグU-18)が開幕した。1部は前年度覇者であり全国高校サッカー選手権大会に出場した大分西、2月の県高校新人大会で優勝した柳ケ浦、同準優勝の大分工業など10チームに国体強化を図るU-16大分選抜が加わり争われる。

 

 やはり一番の見どころは優勝争い。どのチームも全国高校総体(インターハイ)、全国高校サッカー選手権大会出場に向けてチームの完成度を高めていくが、その過程で実力が拮抗するチームと戦える実戦の場は強化に直結する。選手を見極め、戦術を落とし込み、さらにライバル校の対策を練って勝負する。「新1年生が入り、実戦で試したい」(大分西・首藤啓文監督)、「総体、選手権の予選があるので手の内を見せたくない。ウチは選手を入れ替えながら、あくまでも練習の一環と捉えている」(柳ケ浦・野口健太郎監督)とOFAリーグU-18へのスタンスはさまざまだが、「どこも2部への降格は避けたいと思っているはず」(大分工業・友成義朗監督)。

 

今年度1部に昇格した鶴崎工業

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ