大分南高校・斎藤瑶葵 小さな強者が描く未来像、それは日本一

2017/12/11
  • HEADLINE

 153cmの小さな体が大きく見える―。集中力が高まると体中から気迫があふれ、所作すべてにキレが増す。大分開催となった全九州高等学校新人空手道大会の女子個人形で、斎藤瑶葵は1年生ながら見事優勝に輝いた。「地元開催でプレッシャーがあったが、大きな形を打つことができた」と本人も納得の出来だった。

 

 小学3年の頃、映画「ベスト・キッド」を観て、空手に憧れた。両親は一人娘に何か起きたときの助けになると考え一緒に道場を巡った。訪れた道場には世界大会で活躍する大分市出身の大野ひかるが所属していた。斎藤は「一目見てカッコいいと思い、すぐに入門した」と当時を振り返る。

 

 運動神経が良く、器用だった斎藤は、大野を手本とすることで瞬く間に頭角を表し、全国で活躍する選手となる。大野が卒業した大分南高校に入学するのは自然の流れだった。高校生になってすぐに「中学までの貯金では通用しない」と感じた斎藤は、体幹を鍛え直し、自らの形を見直し、力強さを表現できる工夫を凝らした。また、「形も組手も両方することで足りないものを補えるようになった」と“空手レベル”を総合的に上げた。

 

九州大会では個人形で優勝

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ