• facebook
  • Twitter
  • LINE

柳ケ浦高校 田中瑛斗 ドラフト3位で日本ハムへ ダルビッシュに追いつけ

2017/11/01
  • HEADLINE

 プロ野球ドラフト会議で柳ケ浦高校の田中瑛斗投手が、日本ハムから3位で指名された。今夏の全国高校野球大分大会ではベスト4で敗れ、高校3年間での全国大会の実績はないが、最速149㌔の右腕は高く評価された。

 

日本ハムから3位指名を受け頬が緩んだ

 

 12球団のドラフト1位が確定しても、田中の表情は変わらなかった。しかし、「何位で選ばれるんだろうと不安になってきた」と内心は穏やかではなかった。結果、本格派右腕が手にしたのは、憧れのダルビッシュ有がかつて在籍していた日本ハムからの3位指名だった。

 

 将来性を見込まれた田中。高校2年生の秋に直球の球速が140㌔台後半を計測するとスカウトが気にし始める存在となり、田中自身も「憧れから明確な目標となった」とプロへの思いを強くした。

 

 この時、田中が掲げた目標は夏の甲子園出場とプロ選手。プロ野球経験者である定岡智秋監督の「プロは化け物の集団。そのなかで活躍したいんなら、俺がチームを甲子園に連れて行くという気持ちが必要なんや。ピッチャーは走れ。走ったもん勝ちや」と檄を受け、学校から練習場まで往復6㌔を走って通った。練習でも素走りのメニューを積極的に取り入れ、あらためてフォーム作りにも挑戦した。

 

 身長184cm、体重70kgと線は細いが体幹の強さを感じさせる下半身に、ゆったりとしたフォームからキレの良いボールを投げる。田中の気持ちが乗り移った球は打者を圧倒。今夏の全国高校野球大分大会では最速149㌔を記録し、大器の片鱗を見せた。

 

 実はフォームを修正するときにたびたび見ていた映像が、ダルビッシュのピッチングだった。「理想の投球フォーム。セットポジションのときの骨盤が入ったような前屈みの姿勢や腕の振りの強さ。変化球の腕の振りが変わらないところ。そういうところは意識した」と田中。日本ハムとの縁を感じずにはいられない。

 

 「先発でやっていきたい。1、2年目はしっかり体とフォームをつくり、3年後には先発ローテーションに入り、試合をつくれる選手になりたい」。プロに入っても立ち止まることなく、常に高みを目指して磨き続けていく。

 

テレビ中継を見ながら監督、部員らと吉報を待った

 

 

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ