• facebook
  • Twitter
  • LINE

大分工業高校 芋岡英恵 大分の女子ウエイトリフティング界を牽引。仲間とともに着実に力をつける

2017/09/13
  • HEADLINE

 大分県内の高校ウエイトリフティングの女子選手は4人。その中でもパイオニア的存在なのが、大分工業の芋岡英恵(2年)だ。中学生の頃は合唱部に所属していた芋岡は、高校入学と同時にウエイトリフティング部のマネージャーになった。部内の雰囲気は良く、優しい先輩、同級生に恵まれ、充実した日々を送っていた。

 

 そんな彼女に転機が訪れる。一緒にマネージャーをしていた一人がテニス部へ転向したことがきっかけとなり、「自分もなにか挑戦してみたい」と思うようになった。そこで選んだのが一番身近で見ていたウエイトリフティングだった。これまでスポーツをしたことのない芋岡の突然の決断に、周囲は一様に驚いたという。顧問の先生に選手になりたいことを告げると「よく考えてきなさい」と言われたが、断固たる決意は変わらなかった。

 

マネージャーから選手に転身した芋岡(2年)

 

練習が成果として現れることに惹かれていった

  • LINEで送る

関連記事

ページトップへ